トップ > ガンに対するイメージ

ガンに対するイメージ

"ガンたいして多くの方が、「一度なってしまったら終わり」というような、不治の病のようなイメージを持っている事かと思います。
しかし実際はガンは治る病気なのです。そしてそのために一番大事な事は、
やはり「早期発見」です。
私の父もガンになったのですが、幸いな事に早期発見でしたので無事に治療する事ができ、今も再発なしで元気に暮らしています。
お医者さんにも、早期発見だったから良かったねと言われました。
それ以来私や他の家族はガン検診を定期的に行うようにしています。そうしていればもしもガンになってしまっても、早期発見で完治させられる可能性が非常に高いからです。
しかし、意外にもガンの定期検診に行っている人は少ないようですね。
手遅れになってしまう前に、より多くの人がガンの定期検診に行く事を願っています。自分の命を守れるのは自分だけなんですから、その自覚を持つべきだと私は思うのです。
ですから、なおざりにせずに健康診断などには積極的に行きましょう。"

前の記事 | 次の記事

関連記事