トップ > ガンの早期発見と検診

ガンの早期発見と検診

"現在、日本人の2分の1がガンになり、3分の1がガンで亡くなると言われている。
ガンは不治の病というイメージがまだ強いだろうか。確かに、新たな治療が開発されているとは言え、ガンの種類や場所によっては早期に見つかりにくかったり、予後が悪く、たとえ治療が奏功しても再発の可能性が高いために安心できない場合もままある。
肺ガンなどがその例である。肺ガンの場合、病巣がとても大きくなるまではっきりした症状が出ないため、見つかった時にはとても大きくなっていたり、既に他の臓器にまで及んでいる事が多いのである。
しかし反対に、検診により早期に発見することが予後に貢献すると言われ、ある年齢以上の全員に対して検診を行うことが、エビデンスに基づいて推奨されているガンが3種類ある。大腸ガンに対する大腸内視鏡、乳ガンに対するマンモグラフィー、子宮頸がんに対する検診である。これらの3つに関しては、早期に発見し治療すれば予後は良いと言えるし、かなり正確に診断することができ、検診によるリスクよりも早期発見のメリットが高いという事である。是非、多くの人に、検診に足を運んで頂きたい。
だからといって、他のガンで早期発見にメリットがないということではない。定期的に検診を受けたり、医師に相談することが大切である。早めに見つけることで、健康な生活を取り戻せる可能性もある。ガンはもう、必ずしも不治の病ではなくなっている。"

前の記事 | 次の記事

関連記事