トップ > がん保険で万が一のときに備える

がん保険で万が一のときに備える

"去年、アフラックのがん保険に入りました。

きっかけは、友達のお父さんががんになったことです。

友達のお父さんは保険嫌いで何も加入していなかったため、入院・手術・退院後の通院治療でお金が飛ぶように出ていってすごく負担だと聞かされました。

ただでさえがんになって精神的にダメージを受けているのに、お金の心配をしなくてはいけないため大変だそうです。

テレビでやっている、がんと診断されたときに一時金が出る保険に入っていたら安心だったのに、と言っていました。

私は一応安い入院保険には入っていましたが、がん保険は検討したことすらなく、保険代理店に勤める知り合いに相談したところ、アフラックを勧められ加入しました。

アフラックの「生きるためのがん保険Days」はプランが3つあって、私は月々の掛け金を抑えたかったので一番安いベースプランにしました。

掛け金は月に2100円くらいで、まあこんなもんならいいかなと思っています。

まだ幸い使ったことはありませんが、一時金は出るし、入院・通院は1日1万円出るので万が一のときもお金の心配はあまりしなくてよさそうです。"

前の記事 | 次の記事

関連記事